買う前に観ろ!!【EarFun Air Pro2 購入 3週間使用 レビュー】欠点あり (Air Pro1からの乗り換えは微妙)

2.5
Gadgetレビュー

※①メーカーからお金を貰っていない。②商品もタダで貰っていない。だから悪い部分も良いように言わないし、悪い部分を包み隠さずレビューして行きます。

機能

40dbはすごい!前作のAir Pro1が38dbだったのでそれ以上にノイキャンが利く!

この機能は要らない!イヤホン外すと自動停止機能はありがたいけど、自動再生はありがた迷惑機能。

OFFにできるイヤホンは全てOFFにして利用しています。

満員電車内等で両手がふさがってる時なら良い機能だと思います。

ケースの電池残量も色が変わり分かります。

前作のAir Pro1はイヤホン本体で音量調節できなかったが、今回は音量調節可能!

これはかなりの進化!前作の重大の欠点を改善してきた!

専用アプリはないし、イコライザー調節はできません。しかし、PCやスマホのミュージックアプリならイコライザー調節可能。最近の純正ミュージックアプリはだいたい使える機能!

YouTubeで音楽聴く人はイコライザー調節ができないから初期セッティングがかなり重要になってくる。

付属品

付属品は開封動画をご覧ください。近々動画投稿予定!!

【YouTubeチャンネルページ】↓

Traveling alone Gadget.東日本半周車中泊旅から帰還しました。
スマホ、ガジェットの性能とコスパを徹底的に調べることと、一人旅が好きです。 I like to study the performance and cost of smartphones and gadgets thoroughly and travel alone. Twitterのページ→ よろしければTwitt...

サイズ感

左から①EarFun Air Pro2→②EarFun Air→③Edifier NB2 Pro(EarFun Air Pro1)

Edifier NB2 Proと(EarFun Air Pro1) はほぼ同じ製品。OEM品。

(EarFun Air Pro1) はEdifierが製造してEarFunが販売している感じ。

リップクリームと比較するとこんなサイズ感

左から①EarFun Air Pro2→②EarFun Air→③Edifier NB2 Pro(EarFun Air Pro1)

スピーカー部分が楕円形になっている。前作は丸だった。

ノイズキャンセリング性能

40dbはすごい!前作のAir Pro1が38dbだったのでそれ以上にノイキャンが利く!

一応PCのファンほぼ全開音や電車内や飛行機内の騒音を流し、聴き比べしたが明らかに前作よりも騒音をかき消してくれている。

しかし利き過ぎによる欠点もある。前作よりも耳が詰まった感じがする。ノイキャン性能を上げればこの現象は酷くなると思う。

appleのうんこ高いAir Pods Proが『ノイキャンかなり効くけど耳が詰まった感じがする』とレビューが多かったが、その現象だと思う。

それからappleはノイキャン性能を下げて不快感を緩和させたらしい。

音の遅延に付いて

スマホゲームをして音の遅延は結構気になった。前作よりも明らかに遅延する。

ゲーム利用は辞めた方が良い。

私みたいにゲームをしない人は遅延は関係ないだろう。

音質評価

※今回のEarFun Air Pro2は68点

なぜかと言うと前作の Edifier NB2 Pro(EarFun Air Pro1) とほぼ同じ音質だが女性ボーカルやシンバルの音等が若干耳に刺さる。

イコライザー調節すれば改善されるが初期設定音質は前作の方が好みだった。

重低音も十分で中高音もしっかり鳴っている。ボーカル音も籠った音にはならない。絶妙なバランス。

良かった点

①音質は前作とほぼ同じ音質でコスパは高い。(私は5599円で購入)

②イヤホン本体で音量調節ができる。

③イヤーピースの色が赤か黄色か選択できる。

④ノイキャン性能は40dbでかなり優秀。

残念な点

①前作よりも若干高音が耳に刺さる。でも大差はない。

②ホワイトノイズが気になる。過去の商品よりも明らかにホワイトノイズが大きくなっている。(私はバラード曲で気になった。ロック曲などは気にならない)

③ノイキャンONにすると耳が詰まった感じがする。

④音の遅延が前作よりも遅延する。ゲームをする人は気になるだろう。

まとめ

①前作と音質に差がほぼないので、前作からの買い替えは微妙。でもイヤホン本体でボリューム調節必須な人は買い替えOK。

②アプリによるがYouTube等のストリーミングで音楽を聴く人で、イコライザー機能必須な人は(自分好みに細かく変えたい人)は辞めた方が良い。

③私みたいにPCやスマホに好きな曲だけ入れて、イコライザー機能の付いたミュージックアプリで音楽を聴く人は買い。

④ホワイトノイズが気になる人は辞めた方が良い。(神経質な人)

⑤定価7999円で買うのは辞めた方が良い。なぜなら8000円~10000円出すとアンカーの専用アプリイコライザー機能搭載モデルが買えてしまうからだ!私みたいに6000円以下で買うならコスパ優秀!!

⑥音の遅延は前作よりも遅延するためゲームをする人は気になるだろう。

YouTubeの方が分かりやすいです。動画をご覧ください。近々動画投稿予定!!

【YouTubeチャンネルページ】↓

https://www.youtube.com/channel/UCKqQrKFSIcAjrxKlFU51oGQ

コメント

タイトルとURLをコピーしました